事業継承の情報が満載!

事業承継で気をつけたい相続税

事業承継で気をつけたい相続税 事業承継は財産的な価値があるので相続税が課税されます。
基本的に現金化できないので評価額が高くなると納税資金不足が発生します。
まずは一定の要件を満たして納税猶予の適用を受けると猶予が後継者の経営が続く限り続きます。
それから相続税評価を下げます。
会社の資産・会社の配当・会社の利益で評価が決まりますが、これらを数字上で引き下げる、特に「会社の利益」を減らすのが最も節税効果が高いです。
例えば損金性の高い生命保険への加入や役員退職金、航空機リース、含み損がある資産の売却、投資不動産の購入などで利益を減らします。
その後、贈与税を払って贈与したり、子供が設立した会社に銀行から融資を受けて買い取る場合などを行います。
これにより事業承継する事で税金の引き下げが可能です。
但しこの事業承継対策では方法を間違うと思わぬ損失が出るリスクもあります。
顧問税理士が事業承継に詳しくない時はセカンドオピニオンをとる事が大切です。

事業承継で相続税を節税するにはどうすればいい

事業承継で相続税を節税するにはどうすればいい 会社経営されている方では、年齢的に事業承継の問題に直面する事態に直面することも予想されるところです。
ここで問題になるのは、事業資産を含めた財産を含む相続税の節税対策になります。
後継者の相続人が事業承継する選択をする場合には、非上場株式の納税猶予の特例を活用するのが効果的な節税対策です。
これは承継される株式の80%について、相続税の納税が猶予されると言う制度です。
適用を受けるには会社の要件と相続人の要件を充たす必要があります。
会社要件には従業員1名以上で相続開始後8月以内に経済産業大臣の承認を得る必要があるのです。
相続人等の要件には被相続人が過去に代表者であったことと、相続人である後継者が相続開始直前に会社役員に就任しており、相続開始後5月以内に新たな会社代表者に就任すること等の要件をすべて充たすことで、初めてこの猶予の特例を受けることが出来ます。
かなりタイトなスケジュールになるので、事前に綿密な計画を立てて行動する必要があります。

新着情報

◎2018/12/7

後継者選定の流れ
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

事業承継の現状と課題
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

自社株買いをするメリット
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「事業 相続」
に関連するツイート
Twitter

いや、論文式より会計監査経営とかは比較的簡単な方だけど、税務が鬼すぎて。法人税、消費税、事業税、連結納税、相続税、所得税あたりが出たけど…試験範囲はさらに国際課税に組織再編とか、さ!会計士に必要かもしれないけど、もう少し優しくして欲しいなー。

Twitter泗珱(しえい)試験直前につき低浮上@o0matu0o

返信 リツイート 1分前

修了考査所感:税務実務 前半は消費税・法人税・事業税を1つの会社で一気通貫して出題。後半は連結納税・自己株式の税務上仕訳・相続税と所得税のミックス。1つ1つは決して解けなくないんだけど、綜合すると魔物みたいな難易度になってたと思う。論点切ってた人はヤバイよね?ヤバいって言え

返信先:@sparrow95863他1人 ちなみにボクは来年は事業税で、9月からは相続をかじってみようかと 12月までやってみて官報合格でも勉強したことは無駄にはならないし、あかんかったら事業税に戻るか相続を続けるかで悩む予定です(笑)

Twitterしばさん@帰ってきた税理士受験生@shibasunz

返信 リツイート 17:55

返信先:@moccomaneg 追加資料までありがとうございます! 推定相続人以外の者も可ってなると、事業継承対策がかなり変わりそうですね。 政府は、これによる税収が見込めたりするんですかね←

財布忘れたので、朝から食事も取れず場所も変えられず、相続事業承継設計。スピードのみを意識して。 お腹空いた( ´△`) #CFP認定試験 #相続事業承継設計 instagram.com/p/BrcEWGIgkdn/…

相続税軽減対策 相続税評価は高くても現金を生まない不動産(市街化区域の農地など)は貸す(事業用定期借地など)、活用する(賃貸物件を建てる)、買い替える(収益物件など)事により評価減や収益性のアップを図る。 法人の設立により所得の分散や資産の移転を図る。

TwitterFP(ファイナンシャルプランナー)相談も紹介も♫相互フォロー大歓迎@FZpckKSapabN5au

返信 リツイート 13:55

税務実務 ・分量が多いというのは確かだが、切るべき手間のかかる部分を飛ばして行けば時間的には問題ない感じ ・まさかの事業税。出題実績なき分野を出され、経理職優遇へ全振り ・連結納税が予想通り来た。しかしながら深く勉強していない限り取れない ・組織再編なし、相続税はおまけ程度の出題

就活生ESに面接に色々頑張ってるのに、社会人の私が何にも頑張らないでどうすんねん...って思えるから就活生ありがたい ご飯食べたらシャワー浴びて相続とか事業継承の勉強しよう📖✍

Twitter採用の裏側にいる女@arisanyan22

返信 リツイート 13:21

【財政学】租税の分類: 国税=所得税、法人税、相続税、贈与税、消費税、自動車重量税 地方税(都道府県)=自動車税、都道府県民税、事業税 地方税(市町村)=固定資産税、軽自動車税、都市計画税

Twitter那須政宗(公務員試験向け俺用暗記bot)@goukaku_onashas

返信 リツイート 13:13

計量法 第41条 届出製造事業者がその届出に係る事業の全部に譲渡、合併、分割があった場合は、相続人、合併後存続する法人等、被譲渡人は、その届出製造事業者の地位を承継する