事業継承の情報が満載!

事業承継で気をつけたい相続税

事業承継で気をつけたい相続税 事業承継は財産的な価値があるので相続税が課税されます。
基本的に現金化できないので評価額が高くなると納税資金不足が発生します。
まずは一定の要件を満たして納税猶予の適用を受けると猶予が後継者の経営が続く限り続きます。
それから相続税評価を下げます。
会社の資産・会社の配当・会社の利益で評価が決まりますが、これらを数字上で引き下げる、特に「会社の利益」を減らすのが最も節税効果が高いです。
例えば損金性の高い生命保険への加入や役員退職金、航空機リース、含み損がある資産の売却、投資不動産の購入などで利益を減らします。
その後、贈与税を払って贈与したり、子供が設立した会社に銀行から融資を受けて買い取る場合などを行います。
これにより事業承継する事で税金の引き下げが可能です。
但しこの事業承継対策では方法を間違うと思わぬ損失が出るリスクもあります。
顧問税理士が事業承継に詳しくない時はセカンドオピニオンをとる事が大切です。

事業承継で相続税を節税するにはどうすればいい

事業承継で相続税を節税するにはどうすればいい 会社経営されている方では、年齢的に事業承継の問題に直面する事態に直面することも予想されるところです。
ここで問題になるのは、事業資産を含めた財産を含む相続税の節税対策になります。
後継者の相続人が事業承継する選択をする場合には、非上場株式の納税猶予の特例を活用するのが効果的な節税対策です。
これは承継される株式の80%について、相続税の納税が猶予されると言う制度です。
適用を受けるには会社の要件と相続人の要件を充たす必要があります。
会社要件には従業員1名以上で相続開始後8月以内に経済産業大臣の承認を得る必要があるのです。
相続人等の要件には被相続人が過去に代表者であったことと、相続人である後継者が相続開始直前に会社役員に就任しており、相続開始後5月以内に新たな会社代表者に就任すること等の要件をすべて充たすことで、初めてこの猶予の特例を受けることが出来ます。
かなりタイトなスケジュールになるので、事前に綿密な計画を立てて行動する必要があります。

新着情報

◎2018/10/12

事業承継の現状と課題
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

自社株買いをするメリット
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「事業 相続」
に関連するツイート
Twitter

RT @ask8eisuke: 「頑張って取った資格を活かして新しい仕事をしたい」「相続した土地を活用して事業を起こしたい」どちらも理にかなった考えのようでいて、全く動機が不純なものばかりだ この程度の姿勢では、どうしようもなく好きで取り組んでいる人と勝負できるわけがない @…

ACNは、アメリカ合衆国の電気通信事業者。 1993年にLCIコミュニケーションズの回線再販売業者として創業。現在はアメリカ・カナダ・オーストラリア・ヨーロッパなど20カ国で事業を運営。 ビジネス会員の印税収入の相続権を保証するなど、独自のボーナスプランを持つ

Twitter権利収入を得る情報@dbvudgml3

返信 リツイート 1:37

セミナー一覧|相続対策や事業承継は東京【伊藤俊一税理士事務所】 tokyo-zeirishi-ito.com/seminar.html @shun_ito1さんから

Twitter事業承継・相続税なら伊藤俊一税理士事務所@shun_ito1

返信 リツイート 0:59

[事業承継] スムーズに事業承継を進めるために 経営者にとって事業承継は非常に重要な問題です。スムーズな事業承継を行うために押さえておくべきポイントをご紹介します。東京で事業承継・相続にお困り ...ift.tt/2OrvpNT

返信先:@sao1207 離婚は実家に戻った人なら認める、国際結婚はスルー、ただし「国際結婚できない家系」煽った人は「そんなこと言ってない」的な返し。きれいな戸籍w じゃないじゃんねぇ🙄 公共事業の返金に相続持ち込まなくてはならない不思議な土地。なお、サオリさんと同じ県?

監査法人から会計事務所に転職して驚くこと ・所得税と相続税に弱いのは自覚してるが 実は消費税も弱い、そして消費税は怖い ・法定調書って何? ・中小企業の経営者は意外に税金を知らない (むしろ自分より詳しいかと思ってた) ・個人事業主もあまり税金を知らない (こちらも詳しいかと思ってた)

返信先:@oaP1uF5LHCWeBrV そうなんです。会社設立を含めた創業支援・成長段階に応じたコンサルティングによるクライアントの囲い込み、事業承継・相続・成年後見人などの中小企業&経営者支援をワン・ストップで応援できるようにと思い、W資格を取得しました。

Twitter中村中小企業診断士・行政書士事務所@kaisyasindan

返信 リツイート 昨日 22:18

事業で借入れした場合の利息は経費で落とせる!> 事業の借入れなどでの支払利息は #経費で落とす ことができます。他にも、不動産にかかる保険、移動手段である自動車に...にご相談ください。 お問い合わせはこちら www.souzoku48.com/contact/ #渋谷 #相続 #法人 #相談 #税理士 #租税公課 #個人事業 #税金 #社員旅行 #フォーエイト 事業で借入れした場合の利息は経費で落とせる | 税理士法人フォーエイト 法人サービス...

事業で借入れした場合の利息は経費で落とせる!> 事業の借入れなどでの支払利息は #経費で落とす ことができます。他にも、不動産にかかる保険、移動手段である自動車に...にご相談ください。 お問い合わせはこちら www.souzoku48.com/contact/ #渋谷 #相続 #法人 #相談 #税理士 #租税公課 #個人事業 #税金 #社員旅行 #フォーエイト 配偶者居住権の創設について(平成30年度民法改正) www.souzoku48.com/column/1560/

返信先:@kaisyasindan 相続は行政書士 事業承継は中小企業診断士へ 広告にできそうですね。