事業継承の情報が満載!

このサイトでは、事業承継の一つである株式贈与について解説をしています。
相続税で気をつけたいポイントがあるので、それについても紹介をしています。
自社株買いをするメリットを知りたいという方もいるでしょう。
その他株式移転の仕組みなども、初心者でも理解できるようにわかりやすく解説をしてあります。
いくつかの方法がある中、特にこの方法をとるということには理由があるはずです。
しっかりと仕組みを理解した上で手続きを進めましょう。

事業承継の一つ。株式贈与について

事業承継の一つ。株式贈与について 事業承継にはいくつかの種類があります。
大きく分けると親族内承継と親族外承継があります。
M&Aという言葉が使われることが多いですが、M&Aは親族外承継のうち、株式譲渡等のことを指します。
親族内承継や従業員等への承継はM&Aではありません。
株式贈与というのは、どの方法で株式を後継者に移転するかという方法になります。
株式贈与は節税対策が高い方法でもあります。
事業承継の種類や方法はさまざまですが、どの方法にもメリット・デメリットがあります。
すべての方法について理解をすることは大変ですので、税理士などの専門家に相談をすることがおすすめです。
考えるべきなのは税金のことだけではありません。
総合的にメリットが大きくなるような方法をとりましょう。

事業承継者の株式贈与の納税猶予制度について

事業承継者の株式贈与の納税猶予制度について 会社の事業承継する受贈者の経営承継受贈者が贈与で、都道府県知事の円滑化法で認定を受けている非上場会社の株式などを前の経営者から全部又は一定数以上取得して、その会社を承継して継続して行く場合には、本来納付すべき贈与税のうちのその非上場株式贈与の一定部分に限って、贈与税の納税猶予制度があります。
この事業承継による非上場株式などの納税猶予税額は、前の経営者や経営承継受贈者が死亡した場合などには、猶予ではなく一部が免除されますが、前の経営者や経営承継受贈者が死亡してない場合には、納税猶予された非上場株式で猶予されていた全部又は一部に利子税を併せて上乗せして納付する必要があります。
事業承継者の株式贈与の納税猶予制度を適応されるには、いくつかの適用要件が存在します。
原則として贈与された年の翌年の1月15日までに申請しないと猶予を受けられないです。
会社側にある要件は、円滑化法の認定を受けた中小企業者である事や、常時使用する従業員が1人以上である事や、その会社が風俗営業会社でない事などの要件を満たす必要があります。
前の経営者の贈与者にも要件があって、贈与前のいずれかの日に会社の代表権がある事などです。
経営承継受贈者にも要件があって、20歳以上で会社の代表権を持っていて、役員就任から3年以上経過している事などです。

事業継承に関するお役立ちリンク

事業承継を考えているなら

新着情報

◎2018/10/12

事業承継の現状と課題
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

自社株買いをするメリット
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「事業 贈与」
に関連するツイート
Twitter

RT @zeusu307: なぜ大金を配るのかをよく聞かれますが、ただの税金対策ですよw 所得の約半分が税金として取られる。 そしてどれだけ節税しても微々たるものなんですよ。 事業としてこれを配ることによって税金対策兼事業投資となります。 受け取った方は贈与税がかかるので…

Twitter今日のプリウス@todays_4thprius

返信 リツイート 0:26

RT @sarukame999: 貧乏人や赤字の事業者からも容赦なく取り立てる消費税の見返りに、余裕のある階層の贈与税非課税って、絶対におかしいよ。>消費増税の景気対策 住宅資金の贈与 非課税制度拡充を検討 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

TwitterGRIDMAN見て下さい@せいぶつ@tonbely

返信 リツイート 昨日 10:59

資産管理会社とは。その3 非上場株式の納税猶予、いわゆる事業承継税制ですが、相続税にしろ贈与税にしろ、会社が資産管理会社に該当しない、という要件を満たす必要があります。 資産管理会社とは、「資産保有型会社」や「資産運用型会社」のことを言います。

Twitter税理士法人レガシィ 株式会社レガシィ@legacytaxport

返信 リツイート 昨日 9:18

なぜ大金を配るのかをよく聞かれますが、ただの税金対策ですよw 所得の約半分が税金として取られる。 そしてどれだけ節税しても微々たるものなんですよ。 事業としてこれを配ることによって税金対策兼事業投資となります。 受け取った方は贈与税がかかるので、それはご負担くださいねw

貧乏人や赤字の事業者からも容赦なく取り立てる消費税の見返りに、余裕のある階層の贈与税非課税って、絶対におかしいよ。>消費増税の景気対策 住宅資金の贈与 非課税制度拡充を検討 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

Twitter猿沢亀 緊縮・消費増税反対@sarukame999

返信 リツイート1 11/14(水) 9:52

資産管理会社とは。その2 非上場株式の納税猶予、いわゆる事業承継税制ですが、相続税にしろ贈与税にしろ、「資産管理会社に該当しない会社であること」という要件を満たす必要があります。 では、資産管理会社とは、どんな会社でしょうか?

Twitter税理士法人レガシィ 株式会社レガシィ@legacytaxport

返信 リツイート 11/14(水) 9:43

今だけの特別税制で平成39年までに株式会社化して3年以上の実績がありながら筆頭株主から事業継続のためにということで贈与税と相続税をチャラに……というはなし

Twitterリブロ「やがて若おかみになるオールスターズメモリーズ」@upperlimit13

返信 リツイート 11/13(火) 22:09

事業承継で親族内承継を阻む壁って?相続税・贈与税や個人保証という障壁と平成30年改正の事業承継税制 biztory.jp/magazine/jigyo…

和光市は税務大学校なふ。公開講座『事業承継税制って、なに? -制度の仕組み・メリット等をよりわかりやすく-』と『相続法改正と相続税・贈与税への影響』に参加。 講義もレジュメも解りやすい。 大学側に確認したところ公の書類なので著作権法上問題無いとの事なので、必要な関与先に配付します。 pic.twitter.com/0k3mU8OlDt

経営者が事業承継をするうえで”課題として挙げているトップ5は 1.相続税・贈与税の負担 2.将来の経営不安 3.後継者(候補含む)が不在 4.借入金・債務保証の引継ぎ 5.自社株式以外の資産にかかる相続税・贈与税の負担 となります。 [中小企業庁HP資料より] #相続税 #贈与 #債務保証

Twitterビジネスサクセション株式会社@businesssjp

返信 リツイート 11/13(火) 10:26