事業継承の情報が満載!

このサイトでは、事業承継の一つである株式贈与について解説をしています。
相続税で気をつけたいポイントがあるので、それについても紹介をしています。
自社株買いをするメリットを知りたいという方もいるでしょう。
その他株式移転の仕組みなども、初心者でも理解できるようにわかりやすく解説をしてあります。
いくつかの方法がある中、特にこの方法をとるということには理由があるはずです。
しっかりと仕組みを理解した上で手続きを進めましょう。

事業承継の一つ。株式贈与について

事業承継の一つ。株式贈与について 事業承継にはいくつかの種類があります。
大きく分けると親族内承継と親族外承継があります。
M&Aという言葉が使われることが多いですが、M&Aは親族外承継のうち、株式譲渡等のことを指します。
親族内承継や従業員等への承継はM&Aではありません。
株式贈与というのは、どの方法で株式を後継者に移転するかという方法になります。
株式贈与は節税対策が高い方法でもあります。
事業承継の種類や方法はさまざまですが、どの方法にもメリット・デメリットがあります。
すべての方法について理解をすることは大変ですので、税理士などの専門家に相談をすることがおすすめです。
考えるべきなのは税金のことだけではありません。
総合的にメリットが大きくなるような方法をとりましょう。

事業承継者の株式贈与の納税猶予制度について

事業承継者の株式贈与の納税猶予制度について 会社の事業承継する受贈者の経営承継受贈者が贈与で、都道府県知事の円滑化法で認定を受けている非上場会社の株式などを前の経営者から全部又は一定数以上取得して、その会社を承継して継続して行く場合には、本来納付すべき贈与税のうちのその非上場株式贈与の一定部分に限って、贈与税の納税猶予制度があります。
この事業承継による非上場株式などの納税猶予税額は、前の経営者や経営承継受贈者が死亡した場合などには、猶予ではなく一部が免除されますが、前の経営者や経営承継受贈者が死亡してない場合には、納税猶予された非上場株式で猶予されていた全部又は一部に利子税を併せて上乗せして納付する必要があります。
事業承継者の株式贈与の納税猶予制度を適応されるには、いくつかの適用要件が存在します。
原則として贈与された年の翌年の1月15日までに申請しないと猶予を受けられないです。
会社側にある要件は、円滑化法の認定を受けた中小企業者である事や、常時使用する従業員が1人以上である事や、その会社が風俗営業会社でない事などの要件を満たす必要があります。
前の経営者の贈与者にも要件があって、贈与前のいずれかの日に会社の代表権がある事などです。
経営承継受贈者にも要件があって、20歳以上で会社の代表権を持っていて、役員就任から3年以上経過している事などです。

事業継承に関するお役立ちリンク

事業承継を考えているなら

新着情報

◎2018/8/3

自社株買いをするメリット
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「事業 贈与」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@tonodearuK他1人 対価性があるかどうかですよね。 保護活動の対価として貰っているので事業所得又は雑所得ではないかと思いますが、お金をあげます、ご自由にだったら贈与税の方になりますよね。 この問題だけで一冊の本が出来そうです。

返信先:@altasy_X これ、事業活動に該当するので贈与税ではなく、何らかの団体であれば法人税法(人格のない社団)、まったくの個人であれば所得税法の申告義務が生じますね。 ただ所得税の場合、税額が発生しない若しくは還付になるのであれば申告義務は生じませんが…

欧州にも日本並みの所得税、法人税、相続税、贈与税、消費税、酒税、たばこ税、自動車重量税、地方税には、住民税、事業税、固定資産税、地方消費税、自動車税などがあるの?

【今日の1日】 まずは居宅ケアマネとして訪問午前1件、午後2件利用者宅モニタリング訪問。 合間縫って顧問先の障害事業所さんの変更届け作成と別件で贈与契約書作成。 夕方は後見人の案件で相談業務。 そして連休はゆっくりと♫ #行政書士加藤真吾事業 #モニタリング #成年後見制度 #贈与契約書

次の税を日本において国税か地方税かでグループ分けしなさい 国税:酒税、事業税、贈与税、法人税、揮発油税、石油石炭税 地方税:軽油取引税、固定資産税、不動産所得税、ゴルフ場利用税

Twitter社会グループ分けbot@QMA_syagroupbot

返信 リツイート 3:43

厚生労働省から市への委託事業である「実践型地域雇用創造事業」の一環として行われた『創業支援セミナー』(全5回の最終回)の講師として登壇させていただきました。 ご清聴くださった皆さま・準備にご尽力いただいた方々、誠にありがとうございました。 とても楽しい2時間でした(^^) iPhoneから送信 はやひと司法書士事務所 宮崎 相続 贈与 不動産登記 会社・法人登記 www.hayahito-shihosyoshi.com/

返信先:@fujimoto3131 なるほど。正直、顧問になるような事業主は来ないですね…。顧問が必要な事業主は税理士がすでにいるか紹介してくれる知り合い経由が多いかと 。やっぱりスポットの相続贈与案件が一番多いです。

Twitterがさ@ほろよいアイスティー@gasa335

返信 リツイート 昨日 19:47

事業承継税制とは?平成30年度の税制改正ポイントを簡単に解説します】 平成30年度税制改正において、同年4月1日から事業承継時の贈与税・相続税の納税を猶予する事業承継税制が大きく改正され、10年間限定の特例措置が設けられました。 一言でいうと、今回の改正で非常に使い勝手が良い制度となりました。 今回は簡単に改正の...

中政097【事業承継円滑化のための税制措置】後継者が相続・贈与により、経営承継法に係る「経済産業大臣の認定」を受ける「非上場株式等」を先代から取得して経営を引き継ぐ場合、後継者が納付する税が猶予される。ただし、発行済完全議決権株式総数の3分の2に達するまでの部分に限られる

Twitter中小企業診断士1次7科目BOT@shindanshi_lv1

返信 リツイート 昨日 11:16