事業継承の情報が満載!

このサイトでは、事業承継の一つである株式贈与について解説をしています。
相続税で気をつけたいポイントがあるので、それについても紹介をしています。
自社株買いをするメリットを知りたいという方もいるでしょう。
その他株式移転の仕組みなども、初心者でも理解できるようにわかりやすく解説をしてあります。
いくつかの方法がある中、特にこの方法をとるということには理由があるはずです。
しっかりと仕組みを理解した上で手続きを進めましょう。

事業承継の一つ。株式贈与について

事業承継の一つ。株式贈与について 事業承継にはいくつかの種類があります。
大きく分けると親族内承継と親族外承継があります。
M&Aという言葉が使われることが多いですが、M&Aは親族外承継のうち、株式譲渡等のことを指します。
親族内承継や従業員等への承継はM&Aではありません。
株式贈与というのは、どの方法で株式を後継者に移転するかという方法になります。
株式贈与は節税対策が高い方法でもあります。
事業承継の種類や方法はさまざまですが、どの方法にもメリット・デメリットがあります。
すべての方法について理解をすることは大変ですので、税理士などの専門家に相談をすることがおすすめです。
考えるべきなのは税金のことだけではありません。
総合的にメリットが大きくなるような方法をとりましょう。

事業承継者の株式贈与の納税猶予制度について

事業承継者の株式贈与の納税猶予制度について 会社の事業承継する受贈者の経営承継受贈者が贈与で、都道府県知事の円滑化法で認定を受けている非上場会社の株式などを前の経営者から全部又は一定数以上取得して、その会社を承継して継続して行く場合には、本来納付すべき贈与税のうちのその非上場株式贈与の一定部分に限って、贈与税の納税猶予制度があります。
この事業承継による非上場株式などの納税猶予税額は、前の経営者や経営承継受贈者が死亡した場合などには、猶予ではなく一部が免除されますが、前の経営者や経営承継受贈者が死亡してない場合には、納税猶予された非上場株式で猶予されていた全部又は一部に利子税を併せて上乗せして納付する必要があります。
事業承継者の株式贈与の納税猶予制度を適応されるには、いくつかの適用要件が存在します。
原則として贈与された年の翌年の1月15日までに申請しないと猶予を受けられないです。
会社側にある要件は、円滑化法の認定を受けた中小企業者である事や、常時使用する従業員が1人以上である事や、その会社が風俗営業会社でない事などの要件を満たす必要があります。
前の経営者の贈与者にも要件があって、贈与前のいずれかの日に会社の代表権がある事などです。
経営承継受贈者にも要件があって、20歳以上で会社の代表権を持っていて、役員就任から3年以上経過している事などです。

事業継承に関するお役立ちリンク

事業承継を考えているなら

新着情報

◎2019/3/19

経営承継円滑化法は重要
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

事業承継計画書類の作成
の情報を更新しました。

◎2018/12/7

後継者選定の流れ
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

事業承継の現状と課題
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

自社株買いをするメリット
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「事業 贈与」
に関連するツイート
Twitter